呼んでいる胸のどこか奥で

2016年から奇跡講座を学んでいます。

父の変な体験とジュディの奇跡

合宿でのりこさんが

「例えば家族の病気とかも、

知覚の中に固定された何かが厳然としてあるわけじゃない。

それはいつ思いも寄らない変化したり消えたりしてもおかしくない」

という感じの言葉で思い出したこと。

しばらく前に

居間のテレビで幽霊屋敷を映すような番組をやっていて

母が「こんなのいるわけないよね」

みたいなことを言った時、

父は「いや、俺は信じる」

と言った。

自分も少し驚いたけど、

母は「え?お父さんそういうの信じてないって言っとったやん」

と言った。

父は超能力とかUFOは信じるけど

チャネリングとか霊関係は拒絶するタイプだ。

父は「俺が20代の新採の時、

夜の道を車で走っていたら

道路脇にある標識の金属の柱が突然横にグニャッと曲がった。

あまりにありえない角度で曲がったから、

柱の根本が緩んでいるのか柱が老朽化しているのか

車を降りて確かめに行ったら、

標識はなんともなくまっすぐで

柱の根本に交通事故の後に置かれる

花束があった。

何かのメッセージかと思ったけど全身がゾワっとしてめちゃくちゃ怖かった」

という話をした。

確かにこの話は子どもの頃に何度も聞いていたけど

忘れていた。

父は心霊系嫌いで無神論者で合理主義を自認していて、

そういう体験を普段から話すタイプじゃない。

酒は飲んでいなかったらしい。

むしろ父はアズカバンの囚人のハーマイオニーとか

ヘレンシャックマンみたいに「科学的じゃないものは嘘」

という態度だったから、

UFO目撃事件とか標識グニャリ事件に遭遇させられたのかもしれない。

交通ルールを象徴する標識がグニャリと曲がるのは

のりこさんが言っていた

「知覚の世界が確かな厳然たる現実なんだ」

という疑いようもないルールというか前提が崩壊するシンボルに見えた。

 

あとMiraclevoice というPodcastYouTube の番組で

ジュディスカッチさんが言っていたのを思い出した。

ビルと2人の医学の博士だか教授とアパートの部屋で

コースについて話し合っていた時、

ジュディは料理ができたから

料理を任せられたけど

「何で私だけ料理させられて

コースの話し合いに参加できないの?」

と不満を感じていた時、

揚げ物料理の高熱の油がこぼれて

ジュディの左腕前部にかなりたくさんかかってしまい、

左腕を大きくヤケドしたジュディが大声で叫ぶと

居間で話し合いをしていたドクター2人が

飛んできて、

「これはステージいくつの深刻なヤケドだから、

すぐに救急車を呼んでくる」と言って

部屋の外に出た時、

ビルが痛みでパニックのジュディの手を握って

「準備はいいかい?」と穏やかに話しかけて

目を瞑った。

ジュディもビルの穏やかさを感じて少し冷静になって

目を瞑った。

目を開けるとジュディのヤケドと痛みが完全に消えていて、

戻ってきたドクターたちはヤケドが跡形もなく消えているのを

見て強いショックを受けて気持ち悪がり、

すぐに帰ったという話だった。

テキストに魔術に頼らない突然の

癒しは恐怖を増す場合があるとあったけど、

デイヴィッドの映画リトリートの

ラプンツェルhttps://youtu.be/8FM9c7lyHuMでも、

ラプンツェルの髪の奇跡で傷が突然癒された時に

フリンが気持ち悪がるシーンがあった。

https://youtu.be/0LXhrHGfdBk