呼んでいる胸のどこか奥で

2016年から奇跡講座を学んでいます。

ツイッター漫画と女性漫画家の無防備さ

ツイッター漫画で、子どもを産む前後で、

夫婦間で怒りや憎しみや不満が急に増えたときの経験を赤裸々に書いている人がいた。https://www.lettuceclub.net/news/article/1049274/

他にも、子育ての日記や、

本来なら恥ずかしいから隠したいはずのことまで

オープンに漫画で書いている人たちがたくさんいて、ありがたい。

体感上だけど、実際には男性もいるはずだけど、

やはりそういう人は女性が多い。

村上春樹のファンには申し訳ないけど、「ツイッターは文章が汚いから、

美しい文章を書くのが仕事の自分はツイッターを見るわけにいかない」

みたいなことを言っていたのをしばらく前のネットのインタビューで見た。

ギブアップの会のTさんやJACIMフォーラムの方

村上春樹の本を評価してたから、

村上春樹の本、読んでみたいと思いつつきっとすごい人なんだろうと

思ってたら、

惜しいな村上春樹、やっぱり昔の人か、、と思った。

汚いツイートから目を背けたい気持ちはわかるけど、

見たくなければフォローしなければいいだけで。

ツイッターでも美しい文章やら自分の体験や、

いいものをシェアしてる人たちはたくさんいるのに、

そりゃ汚い文章を探したらいくらでも見つかるけど、

いいところを探したらいくらでもあるのにな、と思った。

デイビッドやエックハルトは、

「あくまでシンボルとしての表現だけど、

女性の方が男性よりエゴから解放されてる状態に近い」と言ってたけど、

やっぱり無防備な人は女性の漫画家が多い。