呼んでいる胸のどこか奥で

2016年から奇跡講座を学んでいます。

無意識に、やっぱり結果が気になる

デイビッドが、

「具体的な結果を求めるのじゃなくて、

心の平和、喜び、幸せを求めるんだ、心の平和と幸せこそが報酬だ」

と言っているのを、何年も、何度となく聞いたけど、

気がつくと、無意識に自動的に、ブログのPV数が気になってしまう。

誰かと個人的にZoomで話す勇気もない、

自分のブログを見てくれる人がいるということを実感できるのが、

嬉しいというのはある。

こうすけさんに、ブログの感想を聞かせていただいたときも、

正直、本当に嬉しかった。

数字を稼ぐために記事を書いてるわけじゃないけど、

数字に心の状態を左右されてしまう自分もいる。

期待と不安。

ハアー。

個人の手柄にしたいのかな。数字を。

これだけ数字を稼いだ!という達成感なのかな。

それだと、ゲームの世界と変わらない。

でも、「具体的な結果に、どうしても、執着しているらしい自分」

をはっきりと自覚する、というところまでは来た。

その目的は何なのか?

間違った場所で幸せを探し続けて、「探せよ、でも、見つけるな」

なのか。

真理から、自分を遠ざけ続けるために、

PVという、ニンジン🥕を追いかけているのかな。

でもまあ、これ自体が、いい機会ではあるか。

いつも、ジェニーさんや、ディランたちの動画の再生数が、

デイビッドの動画より、少ないのを見て、

「彼らの動画も、本当に助けになる、

素晴らしい価値があることを伝えてるのだから、

”もっと”、たくさんの人に見られてもいいはずなんだけどなあ」

という、不満感をつい感じて、数字をコントロールしたくなり、

「おっと、数字を増やすのは、目的じゃない。心の状態、心の状態」

と思いなおしている。

本当に、「もっと、もっと」と、ニンジン🥕をぶら下げるんだな。

やっぱり、文字にして書くと、客観的に一歩引いて見られるし、

深刻な、「ヤバい、オレエゴの欲求に囚われてるよ」という、

切迫感が一気に減って、気軽に自分の心を見れる。

ある種の、さわやかさ、ひと息つける感じがある。

バイロンケイティの動画とか、

他のいろいろな人たちのシェアを聞いていても、

本人には、大きくて深刻な悩みでも、客観的に見ると、

大したことない、小さな悩みに見えたりする。

これだけでも、デカい。