呼んでいる胸のどこか奥で

2016年から奇跡講座を学んでいます。

関係への恐怖の、平安のツール

出来事、 知覚A

勉強会に参加したり、真我なるハートのメンバーとZoomとか電話したりすること

について考えるとき、

感情B 恐怖、不安

と感じる。

思考 なぜなら、 C1わたしや、他人が責められるべきであるし、

未来に C2 自分では気づかなかった思い込みや、

独りよがりな幻想を厳しく指摘され、自分に都合のいい幻想が崩壊してしまうこと、自分にとって、

何かイヤで避けたい、突かれたくないところをビシッと突かれたりすることが起こるのを恐れているからです。

信念D これらのことは、わたしが 自我であり、脆さ、知覚の間違いや防御を明るみに出されたらマズイ存在であることについて正しいことを証明しています。

望ましい状況、出来事E 適度な、自我の安全?

祈り 願い 今あるがままではない何かへの願いが、あなたを神の平和から遠ざけ続けています。あなたが真に求めるものをもたらしてくれる唯一のゴールと再び一致するため、今、心の平安を受け入れるために、この欲望を聖霊に捧げる意欲はありますか?

 

お金がない、パソコンが壊れてる、スマホも壊れてる、体もあまり動かせない、だから、リトリートに参加できないし、Zoomもできないし、

勉強会にも参加できません。

ってすっかり思い込んでたけど、お金があって、充分に機能するパソコンがあって、体がよく動いたら、勉強会に毎月参加して、リトリートとかにも参加して、Zoomの誘いが来たら受けるのか?っていうと、

正直、こわい。

ただでさえ、自我に妥協しない人たち。

No people pleasing.No private thoughts って、いや、こえーよ。

何、言われんだよ。言われたくない、突かれたくなかったところビシっと突かれたり、ハッキリ厳しく指摘されたり、こわいよ。

何が起きるんだ?未知だし。

心理的に痛い思いするんじゃないか?イヤな思いするんじゃないか?

安全じゃない感じ。

ひとりは、安全。家の周りは、形而上学のけの字も知らない、

無知で愚かな家族や、農業者ばかり。寂しいけど、安全。

なるほど、自分の本音は、

「適度な自我の安全を保ちながら、奇跡講座を学ぶ」

だったんだ。納得。